【 ワークショップ 】  
 
リボン織りワークショップ 「手の中で生まれる布」
 
【内容】 

 
リボン織りワークショップ 「手の中で生まれる布」
 
手作りのリボン織り機を使って、小さな布を織っていきます。
幅15cm程の織り機で布を織る作業は、手の中で小鳥の卵をそっとあたためながら孵すような、静かで小さな手織りの体験です。
 
羊の毛から紡ぎ出した糸に、雪の花を織り出します。
ドアを飾るオーナメントとして、
手芸の時間の針休めとして、
持ち物に下げるアミュレットとして、
色の少ない寒い季節を彩る、小さなクッションに仕立てます。
 
 

開催日:10/29(日)11:00〜13:00  定員4名 定員に達しました
    10/29(日)14:30〜16:30  定員4名 残り2名
持ち物:なし
講習料(材料費込み):5,000円(税込)※現金支払いのみ
参加方法:お申込みフォームよりご予約ください。

 

【講師情報】
 

 
nysta は“ 糸を巻く” 、gnola は“ ハミングする”の意味を持つスウェーデン語です。
人間がものを作り出す時間が、穏やかなハミングと供にあることを 願い、道具や素材から手で作ることを基本に、ワークショップ、教室、手芸店(現在休店中/2017年末頃再開予定)を開いています。
  
藤原洋人
東京芸術大学美術学部工芸科鍛金専攻卒業
東京芸術大学大学院美術研究科木工芸専攻修了
2011 nysta o gnola糸花生活研究所設立
    
藤原真子
東京都立芸術高等学校美術科卒業
多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業
スウェーデンCapellagardenテキスタイル科留学
2011 nysta o gnola糸花生活研究所設立